背面

プロジェクト成功のためのリラックスした終わり方

真の協力関係 ドイツとインドの同僚が、Schloss Moylandのクリスマスマーケットを共同で訪れ、チームワークの成功を祝いました。その経緯は?

Ipsen India社は、ある大型案件を受注した際、ドイツの同業者にサポートを依頼した。コロナのせいで、このプロジェクトは遅れてしまった。

多くの作業をビデオ会議でバーチャルに行っていた段階から、より速く進めるためには、物理的に一緒に来て座ることが一番簡単な方法だと考えたのです。そこで、電気設計エンジニアのShounak NathとArindam Sinha、機械設計エンジニアのAshutosh PatraとSamrath Chakrabortyがドイツに渡り、2022年10月中旬から12月初旬までの2カ月弱でプロジェクトを大きく前進させることになったのです。

この成功裏のコラボレーションを締めくくるのに、インドの同僚たちが滞在の最後にモイランド城とクリスマスマーケットを案内し、楽しい夜を過ごしたのは当然のことだったのです。

キープ・イン・タッチ

Ipsen からの最新情報を受け取るために登録する。

*「必須フィールドを示します。

名称*