サステナビリティの実践

私たちは、最新の熱処理技術で新規および既存のお客様をサポートし、持続可能なベストプラクティスに関する知識とフィードバックを提供します。Ipsen は、エンジニア、プロセススペシャリスト、およびトレーニングを受けたエネルギーコンサルタントからなる専門家チームを有し、より持続可能な製造プロセスを構築するお客様の努力をサポートしています。私たちのチームは、お客様が電気料金を削減し、持続不可能なエネルギー源を交換し、明日の環境規制を今日満たす方法を学ぶことができるよう支援します。サステナビリティ・ソリューションの詳細については、以下をご覧ください。

サステナビリティ・ソリューション

Ipsen Recon バーナーは、クラス最高の熱効率を達成する特殊セラミックで作られています。最新の Recon IV バーナーは、エネルギーコストの削減と持続可能性の向上を実現します。水素用に設計されたこの新しいバーナーは、二酸化炭素の排出をゼロにすることができます。簡単なレトロフィットで、既存のバーナーを最小限のダウンタイムで新しいRecon IVに置き換えることができます。

PdMetrics は Ipsen の予知保全ソフトウェアで、制御アルゴリズムと統合センサーを人工知能と組み合わせ、炉の健全性と整合性を追跡します。これは、問題が発生する前に警告することで、予定外のダウンタイムを劇的に削減します。PdMetricsを使用することで、将来のメンテナンスの必要性を予測し、サービスの予測やスケジュールを立て、機器の性能を最適化することができます。また、このソフトウェアは、エネルギー消費量を監視し、炉の効率的な運転を維持します。

Ipsen’s retrofits team can replace furnace components such as insulation, burners, pumps, and controls with more modern and energy efficient versions, bringing your aged furnace back to life. This saves money and reduces the need to fully replace equipment, which allows for longer operation and less waste.

Ipsen は、お客様の炉がピーク時のエネルギー効率で稼働していることを確認するための認証プロセスを提供しています。新しい炉の場合、試運転中に基準サイクルを提供し、それを将来の運転サイクルと比較して、熱処理プロセスの弱点を特定することができます。また、エネルギー消費量とCO2排出量を削減するための近代化・転換を行う炉についても、基準サイクルを提供することができます。

エコディフ は、インテリジェントなプロセス依存型の拡散ポンプの油温制御で、既存の真空システムに簡単に後付けすることができます。通常、拡散ポンプのオイルヒーターは、熱処理サイクルを通して100%で動作します。EcoDiffのインテリジェント加熱制御は、熱処理サイクル全体を監視し、エネルギー消費量を大幅に削減します。プロセスに依存した制御により、油温の加熱能力は、プロセスステップに応じて最大50%まで下げることが可能です。

エコディフについて詳しくはこちらをご覧ください。

エコポンプ は、既存の真空システムに簡単に後付けできる、インテリジェントなプロセス依存型真空ポンプコントローラーです。通常、真空ポンプは熱処理サイクル中、100%で運転されます。EcoPumpのインテリジェント真空ポンプ制御は、熱処理サイクル全体を監視し、エネルギー消費を大幅に削減します。プロセスに依存した制御により、特定のプロセスステップでは真空ポンプを完全にオフにすることができます。

エコポンプについて詳しくはこちらをご覧ください。

この2つの対策は、環境を守るだけでなく、真空ポンプの寿命を延ばし、保守・修理費用を削減することにもつながります。

注:すべての製品およびサービスが、すべての地域で利用できるわけではありません。お客様のオペレーションに最適なサステナビリティのソリューションについては、Ipsen の担当者にお問い合わせください。

Windmills and Landscape

お問い合わせ

お客様のサステナビリティのご要望について、今すぐ専門家にご相談ください。

私たちとつながる

関連記事