背面

テンプラスド社は自社の顧客基盤を拡大し、Ipsen の炉により環境への影響を低減しています。

カスタマーストーリー

1975年設立。 テンプラスド社 は、イタリアのフレサグランディナリアにある商業用熱処理メーカーです。同社の事業は、大気圧炉を用いた焼鈍、焼戻し、焼ならし、硬化、浸炭、浸炭窒化などの熱処理工程から始まりました。その後、長年にわたり、新しい設備や技術、先進的なシステムに投資して工場をアップグレードし、提供するプロセスの幅を広げてきました。顧客のニーズに応えるため、窒化、軟窒化、高周波焼入れ、真空焼入れ、低圧浸炭、その他タンブリング、オイリング、サンドブラスト、矯正、超音波洗浄、低温処理などの補助加工を追加しました。現在では、自動車、建設機械、風力発電、農業機械などの分野で多くの顧客を持っている。

Ipsen は、過去 5 年間の彼らの拡張の大きな部分を占めています。テンプラスド社は、窒化と軟窒化処理用でIpsen VDR 炉2基を追加し、それぞれ 2.000 kg (4,409 lb) の負荷容量と高度な窒化と浸炭の可能性を制御しています。また、さらに2 基の Ipsen Turbo Treater(T2T)を購入しました。2T2T 真空炉 低圧浸炭用で、それぞれ800kgの耐荷重があります。T2Tの2号機は22022年に導入しました。

勝利の成果

初代T2Tを購入する前の22017年、テンプラスド社は不活性ガス高圧焼入れ機能を有していませんでした。この2つの炉を追加したことで、自動車産業での生産量を増やすことができ、また特殊な用途の顧客にもソリューションを提供できるようになりました。また、航空宇宙市場への展開も見込んでいます。

テンプラスド社は、技術的な専門知識、強力なグローバルプレゼンス、および優れた顧客サービスのため、このプロジェクトで Ipsen を選択しました。Ipsen は、進化するビジネスニーズに適応し、プロセスを最適化し、監視システムを統合するための柔軟性を備えたソリューションを提供しました。2T2Tは、高い再現性を可能にし、Ipsen の技術チームがプロセス開発のサポートを提供しています。さらに、サイクル間の時間が短くなり、より良い時間の最適化を実施しています。

この真空焼入炉と低圧浸炭炉を加えることで、より柔軟で生産性の高い製品をお客様に提供することができるようになりました

テンプラスド社 CEO ミケランジェロ・デル・ベッキオ氏

T2T2は 、必 要 な 環 境 規 制 を す べ て 満 た し 、環 境 に 対 し て も 非 常 に 優 し い も の で す 。実際、テンプラスド社は、環境管理システムの国際標準である ISO 14001 認証を受けました。全体として、Ipsen は テンプラスド社に品質(最適な硬度、明るい表面、部品の最小限の歪みなど)の面で最高の結果を保証する革新的なシステムと技術を提供しました。