背面

Ipsen Cherry Valley が Dave Pearson を 2021 年度従業員最優秀賞に選出

チーム紹介

Dave Pearson は、もともと熱処理に従事してキャリアを積むつもりはありませんでしたが、Ipsen で働いてきた 34 年間で、彼の努力は両者にとって勝利という結果になりました。Dave は、ゼロからの作業が何を意味するのか、その見本を示しています。

当初はストックルームの臨時従業員として採用されたが、すぐにフルタイムの職を得た。製造技術者として、原材料の所要量計算の基本を学び、製造する部品やアセンブリのルーティングを作成しました。

"父は早くから、目標に向かって努力することの大切さを教えてくれ、静かに模範を示してくれました。" とデイブは言った。  "経験したことのあるように振舞う "こと。 というのが、彼の父親の口癖だった。

その後、生産管理スーパーバイザーとなり、彼のお気に入りのプロジェクトは、当時 Ipsen が経験した中で最高レベルのオンタイムコンポーネント出荷を維持することでした。彼は、「常に変化する優先順位をプランナー、購買、製造グループと調整する」ことに時間を費やし、それが最終的にプロジェクトの成功につながったと振り返ります。

ホットゾーン製品リーダーとしての Dave の現在の役割も同様で、詳細と調整が必要です。材料費と人件費を計算し、正確なスコープのホットゾーンの提案を作成するとともに、Ipsen の顧客と販売チームをサポートしています。